マイカーローンをお得に利用するコツとは

マイカーローンとは、狭義には自動車購入費用のためのローンです。広義には車検費用や自動車修理費用、免許取得費用などのためのローンもマイカーローンに含まれます。車は高い買い物なので、現金一括で購入するには、まとまった金額の貯金が必要となります。ローンを組めば毎月の支払で購入が可能ですが、金利に応じた利息が発生します。

 

マイカーローンをお得に利用したいのであれば、いかに利息を抑えられるかがポイントとなります。マイカーローンの利息を抑えるのにはいくつかの方法があります。

 

借入金額を減らす

マイカーローンの利息の金額は馬鹿にできません。その理由の1つが借入金額です。例えば借入額の大きい住宅ローンの場合、利息だけで数百万もの支払いが生じたりします。マイカーローンの利息も軽く10万円を超えるケースが多く、たくさんの利息を払わなくてはいけません。

 

利息を抑えたいのであれば、そもそもの借入金額を減らすのが有効です。購入する車のグレードを下げる、頭金を入れるなどの方法で、借入金額を減らせます。

 

 

支払期間を短くする

ローンは支払期間が長い程、払う利息は大きくなります。何故なら、支払期間が長い程、中々元金が減らないからです。中には支払期間10年間のマイカーローンを組む人もいますが、利息の支払い分が多すぎて、中々元金が減りません。

 

毎月の支払の負担は大きくても、支払期間を短くした方が、払う利息は抑えられます。

 

もっと手軽に利息を抑える方法はないのか

マイカーローンの利息を抑えたければ、借入金額を減らすか、支払期間を短くするのが確実です。しかし借入金額を減らすには貯金をするか購入する車を妥協する必要があります。また、支払期間が短ければ、毎月の支払いの負担が増えてしまいます。

 

もっと手軽に利息を抑える方法として、金利の低いマイカーローンを探すという手があります。利息を抑えるための3つ目の方法が、金利が低いマイカーローンを契約するという方法です。

 

ちなみに、一般的にマイカーローンと言われることが多い車のローンは、オートローンやカーローンであっても同じ意味です。銀行によっては商品名がオートローンなどとなっている場合もあり、低負担で借りたい場合にオートローンの金利に注目をしても良いのかと感じてしまう方もいますが、それでもマイカーローンと同義であるために気にする必要はありません。

 

簡単に金利を下げる方法がある

金利が下がればかかる利息を大幅に抑えられますが、当然どうやって金利を下げるのかという問題があります。実は、金利を簡単に下げる方法というのがあります。

 

1つ目の方法は特別金利を狙う方法です。自動車販売店では購入あっせんの為に特別金利を適用するタイミングがあります。狙い目は週末や決算期、または型落ち前の車種を狙う方法です。販売店にも販売を促進したい時期があり、そこを狙うだけで、金利が下がる可能性があります。

 

金利を下げるもう1つの方法は、販売店以外の、例えば銀行のマイカーローンを契約する方法です。販売店の斡旋するマイカーローンを契約せずに、銀行のマイカーローンでお金を借りて、一括で購入するだけで、払う利息を大幅に下げられる可能性があります。

 

実は販売店で契約するマイカーローンは、元々金利が高めに設定されています。販売店のマイカーローンを避けるというだけで、マイカーローンの支払総額を大きく抑えられるのです。

 

販売店のマイカーローンの金利が高い理由

自動車販売店でもマイカーローンの斡旋を行っているので、その場でマイカーローンの契約も済んでしまいます。手続きが手軽に済むのでついそのままマイカーローンも契約してしまいがちですが、金利は高めに設定されています。

 

販売店で斡旋するマイカーローンの金利には、販売店へのマージンが含まれています。マージンは販売店の貴重な収入源なので、販売店では積極的にマイカーローンを勧めてきます。

 

しかし、ローンを組む側にとっては、わざわざマージン込みのマイカーローンを選ぶ必要性はありません。マイカーローンを自分で探すだけで、大幅に節約できる可能性があります。

 

銀行の低金利マイカーローンの利用であれば返済の負担を減らして借りられるので、販売店のローンよりも負担を軽くしてローンが組めます。銀行の低金利マイカーローンであるとしても最近では手続きは面倒ではなくなっているので、来店不要での契約が進められるのも利点です。

 

車を買う際にマイカーローンの金利で考えておくとするなら、販売店で言われるがままにローンを組むのは得策ではなく、やはり自分自身で低金利のマイカーローンを探し、比較をすべきなのです。